製品詳細

人工雪の結晶を作って観察してみよう

雪の結晶作製観察装置(コールドプレート式)
(カタログNo:J46-3501)
雪の結晶作製観察装置(コールドプレート式)
価格(税込):
¥23,760.-
数量:

製品説明

■難波遥先生・鎌田正裕先生ご考案

冷凍庫で凍らせることで、低温※1を保持するコールドプレートを寒剤にして人工雪結晶を作製、観察する装置です。コールドプレートの上にタンポポの綿毛を載せて、その上から水蒸気を入れることで、綿毛の突起を核にして人工雪の結晶が成長します。そのようすを実体顕微鏡で直接観察することができます。
■今まで難しかった人工雪結晶の作製と観察、天然雪の観察が手軽にできます。
■凍らせたコールドプレートに天然雪をキャッチし、実体顕微鏡で観察することもできます。
■コールドプレートは冷凍庫から出してから30分程度使用することができ、また、再度
氷結させることで繰り返し使用できます。

<セット内容>
●コールドプレート(150×150×30mm)
●観察槽(100×100×40mm) 
●高輝度LEDライト
●たんぽぽの綿毛(数粒)

※1:-18~0℃。時間によって変化します。
※装置の構成上、完全対称な人工雪結晶を作製することはできません。写真のように半分または1/3程度の非対称な結晶が多く見られます。
※実験には双眼実体顕微鏡(ステージからレンズまでの距離が80mm以上、焦点距離50mm以上)、鉄製スタンド、冷凍庫(JIS規格におけるフォースター以上の性能を保証されたもの)が別途必要です。
※コールドプレートは-18℃以下で凍らせる必要があります。完全に凍らせた状態でないと必要な性能を発揮しません。


 NEWS WAVE(製品パンフレット)のダウンロードはこちらから! 

ページトップへもどる